刺激作用とオススメの精油について

人の心とは、外部からの刺激作用により明るい気持ちになったり気持ちが沈んだりします。
沈みがちな気持ちを高めるためには、活動的になれる香りを嗅ぐのがオススメです。
柑橘系の香りは、気持ちを活動的にさせてくれる香りとして有名ですが、特にオレンジスイートの香りは、甘酸っぱくて幸せな気持ちでいっぱいになります。
殺菌効果も期待できるので、拭き掃除のときにバケツに数滴垂らして掃除を行えば、部屋中がオレンジの香りに包まれて、部屋も心も洗われる様なすがすがしさを感じることが出来るでしょう。
また同じ柑橘系の香りで、ベルガモットもオススメです。
ただし、ベルガモットの場合光毒性があるので注意が必要です。光毒性とは、芳香浴などをした後に日光に当たると、紫外線が皮膚にダメージを与えてしまうことです。

 

gf0780078654l
使用する際には、しばらく外出する予定の無い時か、雨の日、就寝前などにするように心がけましょう。
柑橘系以外では、ペパーミントやローズマリーなどのすっきりとしたさわやかな香りが、やる気を高める効果があります。

 
気持ちが沈みがちで、何もする気が起こらないときに芳香浴やルームスプレーで利用すれば、心に働きかけて活動的な気持ちにしてくれるでしょう。”

Comments are closed.